タグホイヤー > タグホイヤー アンバサダー

タグホイヤーのアンバサダー

スティーブ・マックイーン

2代目 タグホイヤーアンバサダー スティーブ・マックイーン

2代目 タグホイヤー アンバサダーはスティーブ・マックイーンです。マックイーンといっても、いまの20代の方はご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんね。

マックイーンは主に1960年~1970年代にかけて活躍した、ハリウッドNo1とってもいいほどの名優です。

マックィーンと言えば『大脱走』ですよねぇ。

脱獄王ヒルツ役はマックィーン以外に誰が演じることができただろう?って考えてもマックィーンしか思い浮かば ない、まさにマックィーンそのものという感じでした。

ボールを壁にぶつけている姿は、彼の幼少期そのものなんでしょうね。

マックィーンがバイクでドイツ軍 に追われるシーンは、マックィーン自身が乗っています。危険なシーンはスタント(バド・イーキンズ)がおこなっています。


スティーブ・マックイーン

「栄光のル・マン」でも、マックィーン自身がドライバーをしています。

彼はモータースポーツが心底すきだったようです。そういえば、ジェームスディーンも そうだったなぁ。

タワーリング・インフェルノのよかったですよねぇ。まさに時代を代表する役者です。

タグホイヤーのアンバサダーの中でも最高のアンバサ ダーだと思います。

最後にマックイーンの残した言葉です。

「何かを信じている時、私はそれを守るために無我夢中で戦う」



アイルトン・セナ

3代目 タグホイヤー アンバサダー アイルトン・セナ

3代目 タグホイヤー アンバサダーは天才F1ドライバー、アイルトン・セナです。アイルトン・セナ・ダ・シルバ。

Genius。

走るために生まれてきた、天才。音速の貴公子。

リアルタイムで彼の走りを見ていた人は誰もが、神様から与え られた才能を持つ、選ばれた人だと思ったでしょう。

プロストがプロフェッサーと呼ばれ、クレバーな走りだっただけに、対照的な彼の才能は、さらに際立ちましたよね。

1988年・1990年・1991年と、計3度ワールドチャンピオンに輝きます。

プロストとは、かなりの因縁というか因果があり、セナもプロス トも双方かなり感情的になってたようですね。

プロストはセナのことを後に「本能で走ろうとする」と表現しています。彼が走るために生まれてきたことを最大 のライバルも認めていたのでしょうね。

アイルトン・セナ

セナ足、人類史上セナにしかできないドライビングテクニック。一秒の間に6回前後ともいうアクセルコントロールによる回転数コントロールの繰り返しをする技術です。

チームメイトだったプロスト、ベルガーもセナ足を試みましたが、再現は不可能との結論に達しています。

セナはこのセナ足と言われる技術をつかって、プロストより1000回転も高くホンダV10エンジンを高回転域で使用することもできました。

セナが圧倒的に速かった技術の1つです。

ちなみにセナのセナ足は、エンジンの回転数をコントロールすることだけを目的としているわけではなく、コーナーでの車体荷重の移動状態を認識し、回転数をコントロール し、マシンをスライドさせるなど、人間が1秒の間に判断しできることの能力を遥かに逸脱する能力でした。天才だったんですね。

リアルタイム セナ世代としては、まだまだ話したりないけど、タグホイヤーはモータースポーツ至上、最高のF1ドライバーをアンバサダーに選びました。

最後にアイルトン・セナの残した言葉です。

「僕に生命を与えてくれるのは、戦いだよ。この挑戦が無ければ、僕はもう、存在しないだろう。」

タグホイヤー のトップへ戻る


Copyright (C) 2011~2016 watch123 All Rights Reserved.

パネライ チュードル タグホイヤー モンブラン
ガガミラノ ハミルトン ユンハンス オシアナス